基本と基本を終えてから

 

はじめに
飛行
PRO ヒント
修理
安定化
  • 含まれるもの
  • アセンブリ
  • 充電 + 電源オン
  • 飛行準備
  • ソフトウエアアップデート
  • ユーザー マニュアル

Karma には、空中で、手持ちで、またはボディにマウントして、驚くほど滑らかな GoPro 映像を撮影するために必要なものすべてが備わっています。Karma ケースには、以下が含まれます。

 

Karma Drone
タッチ ディスプレイ搭載 Karma コントローラー
Karma スタビライザー + カメラ ハーネス
Karma Grip
Karma 充電器
Karma バッテリー
プロペラ (6)
Karma マウンティング リング
Karma ケース

 

Karma をカメラと一緒にご購入いただいた場合は、GoPro のほかに、GoPro マウントと併せて使用するのに必要なアクセサリーも含まれています。 

ドローンのセットアップは初めてですか? Karma ならセットアップは簡単です。 まずアームとランディング ギアを広げます。 それらを所定の位置にロックして、色分けされたプロペラをアームに取り付けます。 

GoPro をマウントする必要があるときは、Karma ハーネスを開いてカメラを装着するだけです。 

 

GoPro: Karma - あなたと一緒にどこまでも
バッテリー、コントローラー、およびグリップはすべて、同梱の Karma チャージャーを使用して充電できます。 
Karma コントローラーの内蔵タッチ ディスプレイには、Karma をセットアップする方法を詳細に解説した手順が表示されます。セットアップには、Wi-Fi の接続、GoPro アカウントの作成、地図のダウンロード、ドローンとコントローラーのリンクなどが含まれます。

コントローラーは Karma のセットアップとフライトの各手順をご案内します。常に実行すべき操作を正確に理解できます。
GoPro: Karma - 自由自在に飛ぶ
Wi-Fi に接続していると、更新が使用可能になった時点で Karma コントローラーから自動通知が届きます。これにより、いつも確実に最新のソフトウェアと機能を維持しておくことができます。 
更新が利用可能な場合、インストール ボタンをタップします。
 
Karma の使用方法に関する詳細手順については、ユーザー マニュアルを参照してください。 

Karma には、空中で、手持ちで、またはお気に入りのギアにマウントして、驚くほど滑らかな GoPro 映像を撮影するために必要なものすべてが備わっています。Karma ケースには、以下が含まれます。

 

Karma Drone
タッチ ディスプレイ搭載 Karma コントローラー
Karma スタビライザー + カメラ ハーネス
Karma Grip
Karma 充電器
Karma バッテリー
プロペラ (6)
Karma マウンティング リング
Karma ケース

 

Karma をカメラと一緒にご購入いただいた場合は、お客様の新しい GoPro のほかに、GoPro マウントと併せて使用するのに必要なアクセサリーが付属します。 

ドローンのセットアップは初めてですか? Karma ならセットアップは簡単です。 まずアームとランディング ギアを広げます。 それらを所定の位置にロックして、色分けされたプロペラをアームに取り付けます。 

GoPro をマウントする必要があるときは、Karma ハーネスを開いてカメラを装着するだけです。 

 

GoPro: Karma - あなたと一緒にどこまでも
バッテリー、コントローラー、およびグリップはすべて、同梱の Karma チャージャーを使用して充電できます。
各デバイス上のステータス ライトは、充電レベルを示します。 ドローンとコントローラー両方の電源ボタンを押して、それらの電源を入れます。 
Karma コントローラーの内蔵タッチ ディスプレイには、Karma をセットアップする方法を詳細に解説した手順が表示されます。セットアップには、Wi-Fi の接続、GoPro アカウントの作成、地図のダウンロード、ドローンとコントローラーのリンクなどが含まれます。

コントローラーは Karma のセットアップとフライトの各手順をご案内します。実行すべき操作をいつも正確に把握できます。 
GoPro: Karma - 自由自在に飛ぶ
Wi-Fi に接続していると、更新が使用可能になった時点で Karma コントローラーから自動通知が届きます。これにより、いつも確実に最新のソフトウェアと機能を維持しておくことができます。 
更新が利用可能な場合、インストール ボタンをタップします。 
Karma の使用方法に関する詳細手順については、ユーザー マニュアルを参照してください。 
  • 飛行前チェック
  • 飛行前トレーニング + テイクオフ
  • ショットの撮影
  • 音声アラート + 警告
  • 着陸

テイクオフの前には、ドローンの飛行準備が整っており、周辺の安全などが適切な環境であることを確認することが重要です。飛行前チェックリストは、すべてが準備完了状態であることを確認するために役立ちます。

  • アームとランディング ギアが所定の位置にロックされていることを確認します。
  • ドローンに損傷がないかチェックします。
  • 手でプロペラを軽く締めます。
  • Karma バッテリーと Karma コントローラーを充電します。
  • 飛行を計画している地域の天候をチェックします。
  • 撮影行程と飛行経路を計画します。
  • 障害物となる可能性があるものがないか、飛行エリアを詳しく調べます。

地域のドローン規制を十分把握しているか確認します。 

初飛行前に、プロのように飛んでみませんか。Karma コントローラーの内蔵チュートリアルとフライト シミュレーターは、スティックを操作する、カメラを制御する、および安全に飛行する方法を教えてくれます。準備が整ったら、テイクオフは画面をタップするのと同じくらい簡単です。オート テイクオフは、ドローンを安全な高度まで飛ばし、その場でホバーリングさせます。そこからどこに行くかはあなた次第です。 

フライト シミュレーターを起動するには、開始ボタンを押します。  
 
飛行の準備ができたら、自動離陸ボタンをタップします。 
GoPro: Karma - 自由自在に飛ぶ
Karma コントローラーでは、飛行中の GoPro を完全に制御できます。 専用のカメラ コントロールと内蔵タッチ ディスプレイを使用して、撮影の開始と停止を行い、すべてのカメラ モードと設定にアクセスできます。
内蔵タッチ ディスプレイがあれば、カメラのモードと設定をいつでも簡単に調整できます。
Karma は、あなたが常に情報を把握しておけるように設計されました。 コントローラーは、ドローン禁止ゾーンに近付きすぎている、またはバッテリー残量が少なくなったなどの状況を即時に通知する音声アラートと画面上アラートを備えています。 
Karma はバッテリーの充電残量が少なくなると、直ちに警告を通知します。
 
着陸も離陸と同じように簡単です。単純にコントローラーの着陸ボタンを押してください。ドローンを自分のいる場所に飛ばすか、または離陸地点に戻らせて着陸させるかを選択できます。ドローンは安全な高度まで自動的に上昇した後、着陸エリアまで飛行します。ドローンは着陸前に着陸エリアの上空をホバーリングします。また、着陸ボタンを押し続けると、Karma を自動的に所定の位置に着陸させることができます。 
着陸オプションは常に用意されています。
 

テイクオフの前には、ドローンの飛行準備が整っており、周辺の安全などが適切な環境であることを確認することが重要です。飛行前チェックリストは、すべてが準備完了状態であることを確認するために役立ちます。

  • アームとランディング ギアが所定の位置にロックされていることを確認します。
  • ドローンに損傷がないかチェックします。
  • 手でプロペラを軽く締めます。
  • Karma バッテリーと Karma コントローラーを充電します。
  • 飛行を計画している地域の天候をチェックします。
  • 撮影行程と飛行経路を計画します。
  • 障害物となる可能性があるものがないか、飛行エリアを詳しく調べます。

地域のドローン規制を十分把握しているか確認します。

初飛行前に、プロのように飛んでみませんか。Karma コントローラーの内蔵チュートリアルとフライト シミュレーターは、スティックを操作する、カメラを制御する、および安全に飛行する方法を教えてくれます。準備が整ったら、テイクオフは画面をタップするのと同じくらい簡単です。オート テイクオフは、ドローンを安全な高度まで飛ばし、その場でホバーリングさせます。そこからどこに行くかはあなた次第です。 

フライト シミュレーターを起動するには、開始ボタンを押します。
飛行の準備ができたら、自動離陸ボタンをタップします。
GoPro: Karma - 自由自在に飛ぶ
Karma コントローラーでは、飛行中の GoPro を完全に制御できます。 専用のカメラ コントロールと内蔵タッチ ディスプレイを使用して、撮影の開始と停止を行い、すべてのカメラ モードと設定にアクセスできます。
内蔵タッチ ディスプレイがあれば、カメラのモードと設定をいつでも簡単に調整できます。
Karma は、あなたが常に情報を把握しておけるように設計されました。 コントローラーは、ドローン禁止ゾーンに近付きすぎている、またはバッテリー残量が少なくなったなどの状況を即時に通知する音声アラートと画面上アラートを備えています。 
Karma はバッテリーの充電残量が少なくなると、直ちに警告を通知します。
着陸も離陸と同じように簡単です。単純にコントローラーの着陸ボタンを押してください。ドローンを自分のいる場所に飛ばすか、または離陸地点に戻らせて着陸させるかを選択できます。ドローンは安全な高度まで自動的に上昇した後、着陸エリアまで飛行します。ドローンは着陸前に着陸エリアの上空をホバーリングします。また、着陸ボタンを押し続けると、Karma を自動的に所定の位置に着陸させることができます。 
着陸オプションは常に用意されています。
  • オート ショット パス
  • 友だちと一緒に飛ぶ
  • 安全な飛行

初めての飛行でも、あらかじめ設定したオート ショット パスで迫力あるプロスタイルの映像を撮影できます。 好きなショットを選んで、画面の手順に従い、飛行させるだけです。 最高のパイロットが手動コントロールで撮影したものよりもずっと素晴らしいショットが得られるでしょう。

  • ドロニーは、通常の自撮りから始め、その後カメラを引いて、より大きな撮影場面全体を映し出します。
  • ケーブル カメラは、2 か所の設定ポイント間でのスムーズかつ正確なトラッキング ショットのセットアップを可能にします。
  • オービットは、撮影対象の周りを完全な円を描くように飛行します。
  • 地平線確認は、まず GoPro が下方を向いた状態で真っすぐ飛行してから、上方向にスイープしてドラマチックな水平線ショットを捉えます。
ドロニー
 
ケーブル カメラ
 
オービット
 
地平線確認
GoPro: Karma - オート ショット パス
無料の GoPro Passenger™ App を使用すると、お友達も自分の携帯電話であなたのフライトを見たり、飛行中にあなたの GoPro をコントロールしたりできるようになります。コントローラーで Passenger App 機能をオンにして、お友達に Karma の名前とパスワードを教えるだけです。

 

 

GoPro: Karma - GoPro Passenger™ アプリ

Karma は、飛行を簡単、安全、そして楽しくしてくれます。 内蔵の安全機能は、あなたとあなたのドローンを保護するように設計されています。 すべての飛行を可能な限り安全なものとするため、これらの追加ガイドラインに従ってください。

  • 人々や動物の上で飛行しないこと。
  • 霧の濃いとき、強風、雨天、降雪などの天候下では操作しないこと。
  • 空港から 8km (5マイル) 以内の上空には侵入しないこと。
  • 屋外の視線が届く範囲で操作すること。*
  • Karma に破損がないことを確認すること。
  • すべての法律・規則に従うこと。

*飛行に関連する規制は場所によって異なります。

初めての飛行でも、あらかじめ設定したオート ショット パスで迫力あるプロスタイルの映像を撮影できます。好きなショットを選んで、画面の指示に従って飛行させるだけです。熟練のパイロットが手動コントロールで撮影した映像よりもさらに素晴らしいショットが得られるでしょう。

  • ドロニーは、通常の自撮りから始め、その後カメラを引いて、より大きな撮影場面全体を映し出します。
  • ケーブル カメラは、2 か所の設定ポイント間でのスムーズかつ正確なトラッキング ショットのセットアップを可能にします。
  • オービットは、撮影対象の周りを完全な円を描くように飛行します。
  • 地平線確認は、まず GoPro が下方を向いた状態で真っすぐ飛行してから、上方向にスイープしてドラマチックな水平線ショットを捉えます。
ドロニー
ケーブル カメラ
オービット
地平線確認
GoPro: Karma - オート ショット パス
無料の GoPro Passenger™ App を使用すると、お友達も自分の携帯電話であなたのフライトを見たり、飛行中にあなたの GoPro をコントロールしたりできるようになります。コントローラーで Passenger App 機能をオンにして、お友達に Karma の名前とパスワードを教えるだけです。 

GoPro: Karma - GoPro Passenger™ アプリ

Karma は、飛行を簡単、安全、そして楽しくしてくれます。 内蔵の安全機能は、あなたとあなたのドローンを保護するように設計されています。 すべての飛行を可能な限り安全なものとするため、これらの追加ガイドラインに従ってください。

  • 人々や動物の上で飛行しないこと。
  • 霧の濃いとき、強風、雨天、降雪などの天候下では操作しないこと。
  • 空港から 8km (5マイル) 以内の上空には侵入しないこと。
  • 屋外の視線が届く範囲で操作すること。*
  • Karma に破損がないことを確認すること。
  • すべての法律・規則に従うこと。

*飛行に関連する規制は場所によって異なります。

  • 交換用部品でいつでも飛べる
  • 交換用ドローンまたはコントローラーのペアリング
  • サポート

ドローンに損傷がないか定期的にチェックすることをお勧めします。次の点について調べてください。

  • ランディング ギアの損傷
  • アームのヒビ
  • プロペラの損傷

これらのパーツは、それぞれ簡単に交換できます。 交換用部品には、数分で修理を終えるために必要なツールが同梱されています。

Karma の標準 1 年保証は、すべての製造欠陥を対象としています。オプションの GoPro Care は、標準保証をさらに強化し、2 年間丸々、思いがけない破損に対して保証します。GoPro Care* には、ドローンの交換 2 回が含まれますが、それぞれ 159 ドルのサービス料金がかかります (Karma コントローラーと Karma Grip も対象となります)。詳しくは、shop.gopro.com/goprocare をご覧ください。製品の詳細、責任の制限については、gopro.com/care/terms で、GoPro Care のご利用規約をご覧ください。 

*69 ドルのカメラ サービス料金とのバンドルとして購入した場合は、カメラの保証が含まれます。

ドローンまたはコントローラーを交換する場合は、デバイスの再ペアリングを行う必要があります。簡単な詳細手順については、コントローラーの「接続」メニューに進みます。 
GoPro は、オンライン チャット、E メール、および電話によって、Karma のための世界的なサポートを提供します。オプションの GoPro Care があると、サポートへの連絡時に最優先され、インサイダー ブログ、およびオンライン コミュニティ イベントへの独占的なアクセスも可能になります。
GoPro: Karma - 安心感

ドローンに損傷がないか定期的にチェックすることをお勧めします。次の点について調べてください。

  • ランディング ギアの損傷
  • アームのヒビ
  • プロペラの損傷

これらのパーツは、それぞれ簡単に交換できます。 交換用部品には、数分で修理を終えるために必要なツールが同梱されています。

Karma の 1 年保証は、すべての製造欠陥を対象としています。オプションの GoPro Care は保証を倍増し、事故による損傷の保証と共に、最大 2 台のドローン交換1が提供されるほか、交換用部品も追加料金なしでご利用いただけます。

1ドローンの交換には、1 回 199 米ドルのサービス料がかかります。交換用部品およびサービスに関する追加情報については、gopro.com/careにアクセスしてください。

ドローンまたはコントローラーを交換する場合は、デバイスの再ペアリングを行う必要があります。簡単な詳細手順については、コントローラーの「接続」メニューに進みます。 
GoPro は、オンライン チャット、E メール、および電話によって、Karma のための世界的なサポートを提供します。オプションの GoPro Care があると、サポートへの連絡時に最優先され、インサイダー ブログ、およびオンライン コミュニティ イベントへの独占的なアクセスも可能になります。
GoPro: Karma - 安心感
  • Karma Grip の組み立て
  • 驚きの滑らかさ、手ぶれフリーのビデオ
  • GoPro マウントと併用可能
  • ショットの撮影

ほんの数ステップで、安定した航空写真から超滑らかな手持ちまたはボディ マウントの映像に早変わり。Karma スタビライザーをドローンから取り外し、Karma Grip に取り付けてください。ロック用留め具をひねって所定の位置に固定したら、グリップの電源を入れて撮影しましょう。

Karma Grip は、以下の組み合わせから構成されています: Karma Grip、Karma マウント リング、Karma スタビライザー、Karma ハーネス
GoPro: Karma Grip の紹介

Karma Grip は、手持ちおよびボディ マウントで暗転した映像を捉え、平凡なショットをあっと驚く映像にします。3 軸の Karma スタビライザーは、手持ちやボディ マウント撮影の際の衝撃、揺れ、手ブレを防ぐために毎秒何百もの計算を行います。GoPro を安定させておくことにより、グリップを使用することで後処理を行わなくても最大 4K の驚くほど滑らかなビデオを撮影できます。Karma Grip は、ハイキング、子どもの成長を追いかける、そしてアドベンチャーがあなたを導くどんな場所にもぴったりです。 

GoPro: Karma Grip の紹介

Karma Grip をお気に入りのボディ マウントと併用すると、プロ品質の安定性を新たに備えた GoPro だけが実現できる驚くべき視野を捉えましょう。グリップをマウントするには、まずスタビライザーを取り外してから、グリップ ハンドルの環状の部品を解放します。マウント リングをハンドルに向かってスライドさせます。スタビライザーを取り付けて、環状の部品をロックします。マウント リングにより、Karma Grip を、Karma ケースおよび Seeker スポーツパックの一体型マウントを含む大抵の GoPro 本体のマウントと共に使用することが可能になります。

 

Karma ケースにマウントされた Karma Grip。

 

GoPro: Karma Grip の紹介
Karma Grip の内蔵カメラ コントロールでは、電源のオンとオフ、カメラ モードの変更、録画の開始と停止、または HiLight タグの追加を飛行中に行うことができます。便利なチルト ロック ボタンを使用すれば、撮影アングルの調整やロックも簡単にできます。また、スタビライザーを手動で調整して、正しいアングルにすることもできます。撮影が終わったら、グリップの USB-C ポートを使って、カメラをアンマウントすることなく映像を取り込むことができます。
GoPro: Karma Grip の紹介
ほんの数ステップで、安定した航空写真から超滑らかな地上映像に早変わり。 Karma スタビライザーをドローンから取り外し、Karma Grip に取り付けてください。 ロック用留め具をひねって所定の位置に固定したら、グリップの電源を入れて撮影しましょう。
Karma Grip は、カメラ スタビライザー、マウント リング、そしてグリップの組み合わせです。
GoPro: Karma Grip の紹介
Karma Grip は驚くべき滑らかさの安定した映像を捉え、平凡なショットをあっと驚く映像にします。3 軸の Karma スタビライザーは、手持ち撮影の際の衝撃、揺れ、手ブレを防ぐために毎秒何百もの計算を行います。GoPro を安定させておくことにより、グリップを使用することで後処理を行わなくても最大 4K の驚くほど滑らかなビデオを撮影できます。Karma Grip は、ハイキング、子どもの成長を追いかける、そしてアドベンチャーがあなたを導くどんな場所にもぴったりです。 
GoPro: Karma Grip の紹介

Karma Grip をお気に入りのギアにマウントして、プロ品質の安定性を新たに備えた GoPro だけが実現できる驚くべき視野を捉えましょう。グリップをマウントするには、まずスタビライザーを取り外してから、グリップ ハンドルの環状の部品を解放します。マウント リングをハンドルに向かってスライドさせます。スタビライザーを取り付けて、環状の部品をロックします。マウント リングにより、Karma Grip を、Karma ケースおよび Seeker スポーツパックの一体型マウントを含む大抵の GoPro マウントと共に使用することが可能になります。

 

GoPro: Karma Grip の紹介
Karma Grip の内蔵カメラ コントロールでは、電源のオンとオフ、カメラ モードの変更、録画の開始と停止、または HiLight タグの追加を飛行中に行うことができます。便利なチルト ロック ボタンを使用すれば、撮影アングルの調整やロックも簡単にできます。また、スタビライザーを手動で調整して、正しいアングルにすることもできます。撮影が終わったら、グリップの USB-C ポートを使って、カメラをアンマウントすることなく映像を取り込むことができます。 
GoPro: Karma Grip の紹介

GoPro Separator


GoPro Separator


もっとアクセス、高い保護性。
どこからでもアクセス + シェア
60 日間の無料トライアルは gopro.com/plus から
Karma 用 GoPro Care
壊れても、大丈夫。交換します。gopro.com/care

GoPro Separator


探しているものが見つからない場合

 

サポート
ヘルプが必要な場合、よくある質問の答えを検索するには、サポート ページをご利用ください。
GoProサポートハブ
答えを見つけよう。答えをシェア、質問もできる。興奮したままでいれる。