Dec 14, 2018

1 つのコミュニティ、1 つのビデオ、100 万ドル。
これは GoPro 初の Million Dollar チャレンジです。

3 か月前の HERO7 Black 発売時、私たちはこれまでにない素晴らしいハイライト ビデオを制作するため、GoPro コミュニティにチャレンジを投げかけました。そして、採用されたコンテンツのクリエイターに分配する賞金として提示したのは 100 万ドル。このチャレンジの唯一のルールは、HERO7 Black のみで撮影した未加工の映像を、応募期限の 12 月 9 日 23:59 (太平洋時間) までに送ることでした。

世界各国から寄せられた応募数は 2 万 5 千件を超えました。GoPro は本日、完成した Million Dollar チャレンジ (MDC) ビデオを公開できることを大変嬉しく思います。このビデオは、25 か国の 56 人のクリエイターが作成した 66 のクリップをフィーチャーし、HERO7 Black ユーザーを称賛する 2 分間のすばらしいハイライト ビデオになっています。

「これまで、当社製品のハイライト ビデオは社内のメディア チーム、つまり完璧なショットを撮るノウハウを持つエキスパート クリエイターが撮影していました」と話すのは GoPro の創業者兼 CEO のニック・ウッドマン。「HERO7 Black の登場により、お気に入りのアクティビティで誰でも簡単にプロ顔負けのショットを撮影できるようになりました。そこで、GoPro はユーザーの皆さんに今年のハイライト ビデオの撮影にチャレンジしていただき、それに対して賞金を支払うことを決めました。やってよかったと思っています。結果は大成功でした」

総合的な視点を取り込むため、私たちを笑わせたり、泣かせたり、縮みあがらせたり、楽しませたり、称賛させるビデオを見てきましたが、このビデオはそのすべてを網羅する数少ない作品の 1 つです。「称賛」に関しては、特にうまく表現されています。

「GoPro カメラを購入したお客様に多くの感謝の気持ちを伝えることは、当初から考えていました」と、MDC 編集チームのリーダーであるクリエイティブ ディレクター、ジョシュ・カリーは語っています。「私が常に探し求めていたクリップがいくつかありました。意欲があるクリップ、活気あふれるクリップ。見る人が向き合いたい、人々と繋がりたいと思わせるクリップ。そして応募したすべての人々も同様に繋がっていると感じてもらえるようなクリップです。

チームは毎日ミーティングして、何千もの新しい応募作品を選別しました。そしてビデオはこのミーティングで毎日進化していきました。レビュー中は、互いに補完するクリップを見つけることに専念し、1920x1080 29.97 fps のビデオ フォーマットで作業しました。

「たとえば、720 度の回転に成功したウェイクボードと、同じような技を行っているスキーヤーを見つけたとします。2 つは異なるアクティビティですが、多かれ少なかれ同じことを行っているんです」と、ジョシュ氏は選択プロセスについて説明しました。「その両方を使用することで 2 つのビデオが繋がっているように演出し、全体を通して統一感を出すことができます。」

応募作品が編集されていない未加工のクリップで送られてくるということは、適合する色や、高 fps (低速にできる) で撮影された一瞬の場面を見つけるのに苦労することも意味していました。レビュー時は常にビデオがフル スピードで再生されていたため、すばらしいスローモーションの素材を見つけるのに時間がかかり、細部 (fps など) への注意が必要でした。

しかしビデオの美しさはすべて、応募者が新しい HERO7 Black のユーザーであったこと、そして少なくとも 4 人の受賞者が GoPro の新規ユーザーであったという事実に帰着します。制作チーム全体が、GoPro 初心者から生まれたすばらしい生コンテンツにこそ勝ちがあると考えたことがきっかけとなり、HERO7 Black がどんな技術レベルでも同等の力を発揮していることに気付きました。

「クリエイターたちがチャレンジの下で結束した速さには驚きました」と述べるのは、GoPro コミュニティ代表者であるデボン・デピエトロです。「GoPro は種を植えただけ。GoPro コミュニティは、Million Dollar チャレンジを今までの想像以上にインパクトのある素晴らしいものに成長させました」

Million Dollar チャレンジ ビデオに含まれる 56 人のクリエイターは、応募に対する賞金として 1 人あたり 17,800 ドル以上を受け取りました。以下の受賞者の皆さんを一緒にお祝いしましょう (そしてフォローしましょう!)

Andrés Aguilera Morillas; @AndriuP6

Artur Vinokurov; @Vinokurov_Artur

Artūrs Šlosbergs; @balticbees

Austin keen; @AustinKeen47

Brandon "Hank" Henrie; @zenxteninc

Brinkley Davies; @BrinkleyDavies

Brodie Pawson; @Brodiepawson

Cedric Bornarel; @Cedric Bornarel

Chase Reinford; @adrenaline.addiction 

Chris Rogers; @Chrisrogers

Connie Burgdorff; @go_burgdorff

Daniele Fiaschi; @danif_95

David Freiheit; @vivafrei

David Hunt; @flyingdave

Douglas Verne; @douglasverne

Francesco Perticaroli; @fra_perticaroli

Gian Schachenmann; @gmstanzania

Gionata Livorti; @Jonnylivorti

Greg Ritz; @gregritz

Gonzalo Gonzalez De Vega; @Gochiestrella

Igor Lage; @Igor.lage

Jade Lorier; @Marmajadejam

Jan Verhaeren; @verjan_fpv

Jian Gong (箭 龚); Weibo: 龚箭Jay

João Serafim; @iamjoaoserafim

Johannes Steffen; @greifvogelpark_saarburg

Johnny Lo; @jitsslo

Johnny Schaer; @Johnny_fpv

Kazuki Kiyosawa; @Kazukiyo0427

Keoni Yan; @Keoni95

Kit Griffiths; @waketowaketc

Kyle Wicks; @k_wicksy

Marc Bhtld; @marcbaechtold

Mark de Fraine; @markdefraine

Mike Brewer; @mike___brewer

Mischa Gelb; @Pilot_yellow

Mitch Bergsma; @micbergsma

Nicholas Schaly; @nickscally93

Nicolas Aubert; @nicoaubert10

Nicolas Thiou; @Nicolas.thiou

Nina Anhaia Mello; @ninanhaia

Peter Brown; @petey_brown

Ryan Bolohan; @stayawesomeproductions

Savage Sac; @Savagesac

Sehjong Lim; @sehjonglim

Serkan Senalp; @serkansenalp

Slater Trout; @Slatertrout

Steve Shannon; @Steveshannonphoto

Steven Donovan; @es_dons

Sze Chi Lee; @leeszechi1112

Taiyo Masuda; @taiyomasuda

Teigan Nash; @teigannash

Tyler Higham; @Tylerhigham

Victor De Valles; @Victordevalles

Wangenliang; @wangenliangdabai

Yoshiaki Muramatsu; @yoshitech3    

MDC ビデオ制作で称賛すべきクリエイターがもう 1 人います。それは作曲家の B. ルイス氏 (@b_lewis) です。彼は、クリップを 1 つにまとめる楽曲を提供してくれました。B. ルイス氏は、GoPro ミュージック ファミリーで大きな役割を果たし、MDC ビデオ専用に「Daises」を制作しました。この楽曲は、作品の雰囲気、トーン、ストーリー アーチを細かく調整するために非常に重要だったとチームは振り返っています。

受賞者の背景は多彩です。いくつか例を挙げると、映画制作者、写真家、学生、事務員、グラウンド キーパー、歯科医、弁護士、パイロット、起業家、救護員、海洋生物学者、レース カー インストラクターなどが含まれています。その大多数は、GoPro のローンチ ビデオに参加することが夢だったと語っています。今、彼らは夢を実現させ、コンテンツ制作の夢を広げる臨時収入を得ました。

GoPro Awards への応募方法の詳細については、gopro.com/awards を参照してください。そして @GoPro をフォローして The Inside Line をチェックし、今後数週間にわたって掲載される MDC の成功の舞台裏をご覧ください。