モバイル用 Quik ライセンスの内容に関する質問

Q.

自分のビデオを作成するために、どのようなコンテンツを使用できますか? 音楽のライセンス権について考慮する必要がありますか? ビデオをどこに投稿できますか?

対象製品

  • モバイル用 Quik
  • iOS デバイス
  • Androidデバイス

回答

Quik で作成したビデオを個人的に使用することはできますか? (例: 個人のブログ / 教育目的 / 家族や友人とのシェア)
> はい、できます。

Quik で作成したビデオを商用利用したり、販促活動に使用することはできますか?
> メディアと音楽の双方について、商用利用を許可された素材を使用している場合は可能です。なお、Quik の音楽は商用利用を許可していません。

Quik の音楽ライブラリーの楽曲を個人用ビデオで使用している場合: 
楽曲の著作権料は当社が負担しているため、GoPro ユーザーの皆さんは個人用ビデオにこれらの楽曲を自由にお使いいただけます。ただし、そのビデオをソーシャル ネットワークで共有する場合、Facebook / YouTube / Instagram は個別のライセンスをサポートしていないため、注意が必要です。

制限事項:
楽曲が DRM 保護されている場合、その曲をモバイル用 Quik にインポートすることはできません。2003 年から 2009 年の間に iTunes で購入した楽曲は、DRM 保護されています。この保護により、モバイル用 Quik でその曲をダウンロードしてビデオに使用することはできなくなります。

Facebook / Instagram:
これらのプラットフォームには、コンテンツの著作権の有無を検出する機能が備わっています。お客様がアップロードするビデオに所定の著作権保護対象の楽曲が使用されている場合 (Quik から取得した楽曲/購入した楽曲に関わらず)、Instagram ではそのビデオは削除され、Facebook では部分的に消音状態になります。
> ビデオの再掲載を申し立てることができるのは、Quik の音楽を使用している場合に限られます。 

YouTube:
YouTube の場合、事情が少し異なります。YouTube ではビデオが削除されることはありませんが、ビデオに広告が挿入されます。Quik の音楽に関する契約形態により、楽曲の著作権者はユーザーが作成したコンテンツ上で著作権の申し立てとマネタイズを行うことができますが、掲載を拒否したり削除したりすることはできません。ユーザー側から関与できることはありません。
ユーザーは Quik の音楽を使用してマネタイズすることはできず、また商用コンテンツを作成することもできません。

この問題の回避策: ビデオのリンクをコピー & ペーストすることで回避できます。そのために、「シェア」で「メール」を選択して自分自身に送信するか、「リンクのコピー」を選択してご自分のビデオの Quik のリンクを入手してください。
ビデオをリンクとして共有するのは問題ありませんが、ファイルとしてアップロードする場合は注意が必要です。

利用条件
Apple のデフォルト利用条件がモバイル用 Quik にも適用されます:​
https://www.apple.com/legal/internet-services/itunes/appstore/dev/stdeula/

この記事は役に立ちましたか?はい | いいえ
ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバック

どうすればこの記事がより役立つか教えてください。

理由:
コメント:
残り文字数255