低速度撮影ビデオの使い方は?

目的は何ですか?

タイム ラプス ビデオ映像を撮影する。

対象製品

  • HERO7 Black
  • HERO (2018)
  • HERO6 Black
  • HERO5 Black
  • HERO5 Session
  • HERO4カメラ

手順

タイム ラプス ビデオを使用すると、設定した間隔でビデオ フレームを記録して、タイム ラプス映像を作成できます。すべての写真をつなぎ合わせる手間は必要ありません! 録画が終了すると、撮影されたフレームが自動的に 1 つのビデオ クリップに編集されます。このビデオは GoPro アプリ、カメラのタッチスクリーンまたは LCD BacPac、テレビ、コンピューター上で再生できます。
 

タイム ラプス ビデオ映像を撮影する: 

  1. 上部のシャッターボタンを押して、撮影を始めます。
  2. カメラの赤いLEDが点滅して、映像を撮影中であることを知らせます。カメラのディスプレイ上のタイムカウンターは、キャプチャされた低速度撮影ビデオ映像の長さを示します。
  3. 上部のシャッターボタンを再び押して、撮影を止めます。

タイム ラプス ビデオの設定にアクセスする方法

タイム ラプス ビデオの設定へのアクセスや選択方法は、カメラのモデルによって異なります。お使いのカメラでの操作方法がご不明の場合は、この手順が記載された製品マニュアルを参照してください。
 
ヒント: 
  1. SDカードには個々の画像ファイルは保存されませんが(通常の低速度撮影モードでは保存されます)、代わりに30フレーム/秒(FPS)のフレームレートで再生される1つのMP4ビデオファイルが保存されます。 
  2. 間隔の設定が、最終的なビデオ映像の1秒を撮影するのにかかる時間を左右します。カメラは、1秒の長さのビデオ映像につなぎ合わせるために、30のフレーム(ビデオは30 FPSで再生されます)を撮影する必要があります。例:
    • 間隔を0.5秒(0.5秒ごとに1フレーム撮影)に設定したら、(30 FPSで再生される)低速度撮影ビデオ映像1秒分のために、最低15秒間は撮影する必要があります。
    • 間隔を60秒(1分ごとに1フレーム撮影)に設定したら、低速度撮影ビデオ映像1秒分のために、最低30分間は撮影する必要があります。
  3. 低速度撮影ビデオの撮影中、カメラのLCD画面に表示される時間は、 キャプチャされた ビデオ映像の長さを反映します。他のすべてのビデオモードのように、撮影を開始してから過ぎた時間(撮影経過時間)を示すわけではありません。つまり、撮影を開始したばかりのときは、「00:01」が、撮影間隔を0.5秒間隔に設定した場合は15秒間、60秒間隔に設定した場合は30分間、画面に表示され続けることになります。
  4. 自分が思うよりいくらか長めに撮影するようにしましょう。映像を編集したりトリミングしたりすることにした場合に、より自由がききます。
  5. (LCD Touch BacPacを装着した)HERO4 SilverまたはHERO4 Blackを見ていると、撮影中のビデオプレビューが途切れ途切れになっていることに気づくかもしれません。これは特に異常ではありません。カメラは低速度撮影映像をとらえようとしているわけなので、プレビューされる画像を徐々に追加していくことになります。できあがった低速度撮影ビデオクリップは滑らかな30FPSで再生されます。 
  6. タイム ラプス ビデオ使用時のカメラのバッテリー駆動時間は、同じ解像度でビデオを録画する場合と同程度の長さになります。 

この記事は役に立ちましたか?はい | いいえ
ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバック

どうすればこの記事がより役立つか教えてください。

理由:
コメント:
残り文字数255