高度なProtuneコントロールの説明

Q.

Protuneコントロールについての説明。

対象製品

  • HERO7 Black
  • HERO6 Black
  • HERO5 Black
  • HERO5 Session
  • HERO4
  • HERO Session + HERO4 Session
  • HERO3+ Black Edition
  • HERO3: Black Edition
  • HERO3: Silver Edition

回答

互換性のある各カメラモデルでは、カラー、ISO感度制限、シャープネスおよび露出を制御する高度なProtune™が利用できます。この高度なProtune設定は、以前のProtuneよりも大きな制御レベルを提供します。

カメラソフトウェアがProtuneのコントロールへのフルアクセスが可能な最新版にアップデートされていることを確認してください。HERO5 と HERO Session/HERO4 Session の Protune™ コントロールは、Smart Remote または GoPro アプリ接続時のみアクセス可能です。 

設定の説明

(*)は、デフォルト設定を示します  

ホワイトバランス

ホワイトバランスは、ビデオの全体的な色調を調整します。Protuneモードでは、撮影中にホワイトバランスを調整できます。

  • オート*
  • 3000 K(白熱灯、日の出/日没など暖色系の光環境で使用)
  • 5500 K(昼光色蛍光灯、平均的昼光などのやや寒色系の光環境で使用)
  • 6500 K(曇りなど寒色系の光環境で使用)
  • CAM RAW(補正なし)
  • Native (HERO4 と HERO5 のみ) (業界標準の最適色)

カラー

カラーにより、ビデオ映像のカラープロファイルを調整できます。

  • GoProカラー* - Protuneがオフの場合と同じ美しい色を実現します。
  • フラット - 他の機器で撮影された映像とよりマッチするように色修正できるニュートラルなカラープロファイル。ポストプロダクション工程での柔軟性が高まります。対数曲線により、フラットはシャドウとハイライトをより詳細にキャプチャします。

注:HERO3+ Black Editionの、HD3.11.02.00以前のバージョンについては、Protune「ON」の場合のデフォルトかつ唯一のカラープロファイルはフラットでした。新しいデフォルトは、GoProカラーです。

GoProカラーフラット
ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像


ISO感度限界(ゲイン)

ISO感度限界により、低光量の条件でのコントロール力が高まります。低光量環境でのカメラ感度を調整し、明るさと結果的な画像のノイズのバランスを決めます。ISO感度制限が高くなると、映像は明るくなりますが、ノイズも増える可能性があります。ISO感度制限が低くなると、映像は暗くなりますが、ノイズが抑えられます。この設定は、シャッタースピードに影響しません。

  • 6400* - 光量が低いときに明るいビデオ。画像ノイズは多くなりますこの設定は、HD3.11.02.00以前のバージョンのProtune「On」のデフォルト相当です。
  • 1600 - 光量が低いときに、中程度に明るいビデオ。画像ノイズも中程度です
  • 400 - 光量が低いときに暗いビデオ。画像ノイズは抑えられます 

注:6400はHD3.11.02.00より前のバージョンのProtune「ON」のデフォルト設定に相当します。

写真用(HERO4のみ)

  • 800(デフォルト) - 光量が非常に低いときに明るい写真。画像ノイズは多くなります。
  • 400 - 光量が非常に低いときに明るい写真。画像ノイズは中程度です。
  • 200 - 室内の光量で暗い写真。画像ノイズはわずかです。
  • 100 - 室内の光量で暗い写真。画像ノイズは最小限です。


シャープネス

シャープネスは、ビデオ映像の鮮明さを制御します。HighおよびMediumのシャープネスは、ポスプロ工程で必要なシャープニング作業量を減らしたい人に向いています。Lowは、ポスプロ工程での自由度が増す最低限の処理が加えられたコンテンツを好むプロに最適です。

  • High(高)* - 非常に鮮明なビデオ。ProtuneがOFFのときにコンテンツに適用されるものと同じレベルのシャープネス
  • Medium(中)- 中程度に鮮明なビデオ
  • Low(低)- ポスプロ工程での自由度が上がる、よりソフトなビデオ

注:HERO3+ Black Editionの、HD3.11.02.00以前のバージョンについては、Protune「ON」の場合のデフォルトかつ唯一のシャープネスレベルはLowでした。新しいシャープネスのデフォルトは、Highです。

高画質ミディアム
ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像
 

ホワイトバランス

ホワイトバランスは、ビデオの全体的な色調を調整します。Protuneモードでは、撮影中にホワイトバランスを調整できます。

  • オート*
  • 3000 K(白熱灯、日の出/日没など暖色系の光環境で使用)
  • 5500 K(昼光色蛍光灯、平均的昼光などのやや寒色系の光環境で使用)
  • 6500 K(曇りなど寒色系の光環境で使用)
  • CAM RAW(HERO3およびHERO3+のみ)(業界標準の最適色)
  • Native(HERO4のみ)(業界標準の最適色)
オート3000K5500K
ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像
6500KCam RAWネイティブ
ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像
 

露出

露出補正は、ビデオの明るさに影響します。露出補正の調整により、照明条件(雪、車内、スポットライトのあるステージなど)のコントラスト調整による環境の手動修正が可能です。

範囲は-2から+2までの0.5刻みです。

  • +2.0
  • +1.5
  • +1.0
  • +0.5
  • +0.0*
  • -0.5
  • -1.0
  • -1.5
  • -2.0

注:露出補正は、既存のISO感度制限内で明るさを調整します。 すでに低光量環境で明るさがISO感度制限に達している場合、露出補正を上げても何の影響もありません。
 

-2.0-1.00.0+1.0+2.0
ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像ユーザーが追加した画像


 

リセット 

選択をデフォルト(*)の選択内容に戻します。

 

この記事は役に立ちましたか?はい | いいえ
ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバック

どうすればこの記事がより役立つか教えてください。

理由:
コメント:
残り文字数255