HERO4をアップデートする方法

最新の機能を活用し、かつGoProのパフォーマンスを最大化するためにも、カメラソフトウェアを常に最新バージョンに更新しておくことをお勧めします。アップデートの方法は次のとおりです。

最新の機能を活用し、かつGoProのパフォーマンスを最大化するためにも、カメラソフトウェアを常に最新バージョンに更新しておくことをお勧めします。アップデートの方法は次のとおりです。

推奨事項

カメラのアップデートには、GoPro Studioソフトウェアを使用してください。

GoProアプリを使用してワイヤレスでアップデート

Mac®またはPC対応の無料のGoPro Studioソフトウェアを使用して、簡単にカメラをアップデートできます。GoProコンテンツをインポートまたは再生する場合も、GoPro Studioを使用するのがベストです。また、GoProビデオの編集にも、強力で使いやすいツールとして活用できます。

GoPro Studioのダウンロード

カメラをアップデートする最も簡単ですばやい方法は、GoProアプリを利用することです。必要なのは、スマートフォンまたはタブレット、Wi-Fiへのアクセスだけです。また、カメラのリモート操作や、コンテンツの表示と共有、GoProチャンネルの「ベスト」ビデオの閲覧などにも、GoProアプリを利用できます。

GoProアプリを使用したカメラのアップデートをご利用いただけるのは、iPhone®、iPad®、iPod Touch®、Android™ 端末のみです。

GoProアプリをダウンロード

New
最新リリース:

HERO4 Black v02.00.00 | 2015年2月4日

HERO4 Silver v02.00.00 | 2015年2月4日

新機能

  • 低速度撮影ビデオ

  • 720p240 + 2.7K60ビデオ

  • 画像の自動回転

  • 再生中にHiLightタグを追加

  • 6/30連続撮影写真

HERO4 Blackアップデートv02.00.00

新しいモードと機能

  • 低速度撮影ビデオモードを追加
  • 720p240ビデオモード(ナロー画角のみ)を追加
  • 2.7K60ビデオモードを追加
  • 画像の自動回転を追加
  • 30枚/6秒の高速連写レートを追加

機能の改善

  • ProtuneのデフォルトビデオISOを1600に変更

ユーザビリティの向上

  • カメラのWi-Fi設定にリセットオプションを追加
  • カメラのステータス画面にNight Lapseシャッタータイムを表示

LCD Touch BacPacの改善

  • 再生中にHiLightタグを追加する機能を提供
  • 最後に撮影した写真やビデオを表示する新しいジェスチャーの追加
  • カメラがスリープした後、ディスプレイを自動的にロックする

幅広い機能の改善とバグフィックス

  • Night Lapseの安定性を向上

HERO4 Silverアップデートv02.00.00

新機能

  • 低速度撮影ビデオモードを追加
  • 画像の自動回転を追加
  • 30枚/6秒の高速連写レートを追加

機能の改善

  • ProtuneのデフォルトビデオISOを1600に変更

ユーザビリティの向上

  • 再生中にHiLightタグを追加する機能を提供
  • 最後に撮影した写真やビデオを表示する新しいジェスチャーの追加
  • カメラがスリープした後、ディスプレイを自動的にロックする
  • カメラのWi-Fi設定にリセットオプションを追加
  • カメラのステータス画面にNight Lapseシャッタータイムを表示

幅広い機能の改善とバグフィックス

  • Night Lapseの安定性を向上

その他のアップデート方法