GoPro Authorized Reseller Requirements

GoPro認定再販業者としての資格を取得し、維持するには、常にこのGoPro認定再販業者ポリシーに従う必要があります。

1. 現在の事業情報の維持およびGoProを扱うすべての事業所所在地の開示

正確かつ最新の状態の企業情報を維持し、GoProとの再販業者契約期間中を通じてGoProを扱うすべての小売店の所在地を開示します。

要件を満たす小売店とは以下のいずれかを指します。物理的な小売店、商取引可能なウェブサイト、仮店舗(イベント、トレードショー、ポップアップ・ストアなど)

2. 実店舗と電子商取引サイトのセルスルー報告

再販業者は、要請に応じて、SKUセルスルー情報および承認された小売店情報を報告しなければなりません。GoProは、この方針への準拠を確実なものとするため、GoProの売上または事業運用(経営)に関する財政報告の監査を実行する権利を留保します。

3. GoProの商標およびブランド方針

再販業者はGoProの商標およびブランド方針を遵守し、すべてのオンライン広告および販促物でGoPro認定再販業者と名乗らなければなりません。

GoProの商標のいずれかを含む事業を設立したり、ウェブサイトドメイン名またはソーシャルメディアのユーザー名に含めて登録することは固く禁止されています。 GoProの認定再販業者ポリシーへの遵守を確実なものとするため、すべてのGoPro製品について承認されたマーケティング商材のみを使用しなければなりません。

GoProの商標およびブランド方針は、すべてこちらでご覧いただけます。

http://jp.gopro.com/authorized-reseller-program/us/trademark-policy/

4. GoProの最低広告価格ポリシー

再販業者はGoProの最低広告価格ポリシーに基づく義務を理解し、それに従わなければなりません。ポリシーはすべてこちらでご覧いただけます。

http://jp.gopro.com/authorized-reseller-program/us/minimum-advertised-price-policy/

5. Sell to Retail Consumers Only

再販業者は、B2B顧客、卸売業者、または他の小売業者向けの運送取扱人/ドロップシッピング業者へバルク販売できません。再販業者は末端消費者のみに販売することとします。

6. 直接指定された認定販売業者以外からのGoPro製品購入禁止

再販業者がGoPro製品を他の小売業者や、GoProが明示的に承認していない他の販売元から購入することを禁止します。

7. オリジナルパッケージ以外でのGoPro製品販売禁止

再販業者は、GoPro製品を再販する前に、GoProのオリジナルパッケージを改変することはできません。GoPro製品をパッケージから取り出して別のパッケージまたは別の名称で再販することは固く禁じられています。

8. フィードでのGoPro提供コア製品データの利用

再販業者は、事前にGoProの書面による許可を得ない限り、サードパーティの広告場所に配信する製品データフィードは、GoPro提供のデータの標準セットを使用する義務があります。

9. 無許可でのGoPro製品のバンドル化禁止

再販業者が、GoProから書面による許可を事前に受けることなく、オンライン分類やデータフィードを行う際にGoPro製品の再SKU化またはバンドル化を行うことを禁じます。

10. バルク販売

再販業者は、GoPro®製品の無許可輸出を防ぐにあたり、GoProと合理的に協力することに同意するものとします。個別化された数字による記号表示(シリアル番号など)があり、バルク(1回の取引で4単位以上、または同一個人により30日以内に10単位以上購入された場合と定義します)で販売されるGoPro®製品(以下「シリアル番号つきバルク製品」)について、再販業者は情報(顧客名、顧客住所、顧客電話番号、製品シリアル番号、取引日)を要求するよう努めるものとします。顧客情報はGoProに転送する必要はありませんが、疑わしい購入パターンを特定するのに使うものとします。顧客が当該情報の提供を拒否する場合、再販業者は取引数量を適切なシリアル番号つきバルク製品閾値以下に抑えるものとします。

11. 顧客の混乱を招く行為

再販業者は、非GoPro製品がGoProによって作られ、保証され、またはGoProに関係しているという印象を与えるような方法で、非GoPro製品をGoPro製品と共に広告、市場販売、展示、または実演してはならないものとします。

12. 承認された小売ウェブサイト以外での販売禁止

再販業者は自社が所有、運営する、承認されたウェブサイトで、一般にアクセス可能な、電子商取引の可能なウェブページのみで注文を受けなければなりません。

第三者のサイト(eBay、Amazon、Alibabaなど)、ドロップシッピングアカウント(Buy.com、Newegg.com、Overstock.com)、案内広告サイト(Craigslist.org、Facebook Marketplaceなど)、またはフォーラム上のダイレクトメッセージを利用した販売は堅く禁じられています。

13. 指定された地域以外の顧客への販売禁止

再販業者は、顧客注文品の発送先を、指定された国または地域内の住所のみに限定しなければなりません。これには、指定された地域にオンラインチャネルが含まれない場合に、GoPro製品を末端消費者にオンライン販売または配送する場合も含まれます。再販業者は、顧客注文品の発送先を、指定された国または地域内の住所のみに限定しなければなりません。これには、指定された地域にオンラインチャネルが含まれない場合に、GoPro製品を末端消費者にオンライン販売または配送する場合も含まれます。

14. PCI遵守の徹底

再販業者は、自社が所有し運用するすべての承認された商取引可能なウェブサイトで、PCI遵守を徹底しなければなりません。

15. 最新のプライバシーポリシーの維持

再販業者は、公的にアクセスできる個人情報管理方針を公表し維持しなければなりません。

16. オフラインの小売事業と電子商取引事業の分離経営

再販業者は、実店舗の事業用に計画された在庫とは別に電子商取引事業用の在庫を計画し、個別に正確なセルスルーの数値を報告しなければなりません。

17. 電子商取引サイトのセキュリティ対策と詐欺防止

再販業者は、2要素認証、認定販売区域制限、顧客詐欺解決手続を含む、業界標準の電子商取引セキュリティ対策と詐欺防止策を徹底しなければなりません。

18. GoPro Dealer Locatorのための追加の再販業者義務

再販業者は、2要素認証、認定販売区域制限、顧客詐欺解決手続を含む、業界標準の電子商取引セキュリティ対策と詐欺防止策を徹底しなければなりません。

19. 法令を遵守し、方針規則に従い、顧客のニーズに応えること

再販業者は、2要素認証、認定販売区域制限、顧客詐欺解決手続を含む、業界標準の電子商取引セキュリティ対策と詐欺防止策を徹底しなければなりません。

GoProの認定再販業者ポリシーのすべての条件に準拠できない場合、アカウントは停止または解消されます。PDFをダウンロード